イベントのご紹介です

らく楽しつもんラボのイベントはこちらから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆主催・共催イベントはこちらから☆


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2014年11月29日

議論の手法にこだわらないこと

こんな記事を見つけました。

・求めないファシリテーション 〜JK課で学んだ大切なこと
http://president.jp/articles/-/14042

この記事の中で印象的だったことが、
「意見を出そうとしない」
というキーワード。

どのような会議かもよりますが、
そもそも前提として、何のための会議なのかも定まっていない。
そこに取って付けたような
「意見を出すようにしよう」
とルールで提示しても、そうは意見は出ないものです。

私の中でファシリテーションの技術は重要ですが、
それ以上に、いかに自然な感じになるかが大切だと思います。
そう考えると、一般的な会議のほとんどは不自然です。

因みに私は、ファシリテーションの中で一番好きなのは、
オープン・スペース・テクノロジーです。
http://www.humanvalue.co.jp/hv2/our_theory/ost/ost.html#subpagetop

しつもん読書会を続けている理由のひとつとして、
「答えが出なくても正解」
とルールがあるのですが、今回の記事に通じている部分があり、
とても参考になりました。

《今日の質問》
∞あなたが関わっている会議は自然ですか?
posted by しつもん読書会マスター at 09:00| Comment(0) | ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする